カテゴリー: blog

品川区で看護師として働く妻の苦悩

No Comments

詳しくは知らないのですが、あるときから政府の方針で、3カ月以上入院している患者の費用が減らされる、と決まったようです。
そのため、入院して3ヶ月たった患者は追い出されるのです。

私のまわりでもそうした実例を見ることがありました。
ひとつは、私の叔母で、晩年痴呆が進んで入院したのですが、当然治るということはなく、3カ月たつと別の病院へ転院。
これを亡くなるまで繰り返していたようです。
もうひとつは妻の母親で、骨と内臓の病気で長期に入院したのですが、やはり3ヶ月たつと追い出され、別の病院へ、ということを何度か繰り返しました。
たぶん、お上の考え方というのは、貴重な療養設備を、長患いの患者に占有させず、もっと治る見込みのある患者に提供したい、ということではないか、と想像します。
もしかしたら、それは論理的には正しいことなのかもしれません。

ただ、実際にその場に直面した家族や親族にしてみれば、なんて冷たい医療制度なんだろう、という感情がどうしても生じますね。
そして、実際には別々の病院をたらいまわし的に廻っていくのですから、結局は医療施設はその患者に占有されるわけで、じゃあ、なんのための制度なんだろう、と思ってしまいます。

これとはちょっと違う話なのですが、私の母親は晩年、末期のガンになりました。
わかったときにはもう手遅れだったのですが、それでも手術をするか、放射線治療や化学治療をするか、と医師に言われました。
もうその時点で母親は高齢だし、長年の寝たきり状態で弱っていて、とても治療には耐えられない、と思われたので、治療を拒否しました。
そしたら、「もう病院にいてもすることはないから」と退院を要請されました。
で、病院で紹介されて移ったのが別の病院でした。
ただ、そこは病院ではあるけれど、母親が入ったところは介護施設の扱いの場所だったらしく、3ヶ月を超えて、亡くなるまでいさせてもらいました。
なんだか素人にはよくわからない制度がいろいろとあるようです。

妻も自宅近くの品川区にある総合病院で看護師をしていますが、こういった問題ってやはり常日頃起こっているようです。
<<看護師求人品川区>>
患者さんや家族の気持ちを考えると、居た堪れない思いをすることもあるんだそう。

これから若い人が減り、病院はますます人手不足になって、私が死ぬころには自宅で、というのが再び主流になるのかもしれませんね。

Categories: blog

意外な恋人の行動におもわず感涙

No Comments

コルクボード
最近、恋人と同棲し始めたんだけど、恋人が大きいコルクボードがほしいって言いだしたの。
コルクボードなんてどうするんだろう?と思って、お金は私が管理してたから、使い道を聞いたけど、「予定はったりとか…」って、言葉を濁すの。
「そのうちね。」って返してそのままにしてたんだけど、最近大きいホームセンターに行ったら、壁一面に貼れるくらいの大きなコルクボードを見つけたの。
最近、頑張ってくれてたし、ご褒美にかってあげようかな~なんて軽い気持ちで買って帰ったの。

恋人は大喜びで、子供みたいにはしゃいじゃって、ほほえましく見てたら、禁煙外来の予定とか、禁煙宣言とか張り出したの。
(ああ、禁煙頑張ろうと思ったんだ~そっか~。)
そう思ったから、とりあえず設置してるコルクボードの前を離れてご飯を作りに行ったの。
さすがに遠出して、大きなホームセンターに行っただけあって疲れてたから、カレーにでもしようかな・・・とか考えながら冷蔵庫を覗いてたら、恋人の好きなピーマンがあったから、せっかくだし、ピーマンの肉詰めを作ったの。
恋人はこれが大好物だから、ちょっと奮発して、チーズも乗せて・・・。

でも、作業が終わったんだか、恋人がやたらと構ってきて、料理が進まないのなんのって(-_-;)
まあ、オーブンに入れちゃえばいいか、って思ったから、恋人に「どうしたの?」って聞いたら、ニコニコ笑って隣の部屋を指さしてるの。
(ああ、コルクボード見てほしいのか・・・でも、大したもの貼ってなかった気がするんだけどな・・・)
まあ、でもとりあえず見てほしいようだから、仕方なく隣の部屋のドアを開けたの。
そうしたら、壁一面のコルクボードに遠距離してた時に使った新幹線のチケットやら、バレンタインのお菓子を送った時のメッセージカードやら、私が送った年賀状やらが張ってあったの。

びっくりして、思わず、「全部取っておいたの!?」って聞いたら、「捨てるわけないじゃん。全部宝物なんだから。」って・・・。
ウルウルしかけた私に、恋人が、「見慣れないカードあるんじゃない?」って言ってきて、よく見たら、手作りっぽい猫ちゃんのカードに小さく文字が書いてあったの。よく見るとそこには「あなたと一生一緒に居たいです。結婚してください。」って書いてあって、涙腺崩壊しちゃった(´;ω;`)

恋人は、私の左手を取って、ちょうどのサイズのダイヤの指輪をはめてくれながら、「返事はなし?」って照れくさそうに笑ったの。「OKしないわけないよ~。」
鼻声で答えた私を恋人は優しく抱きしめてくれて、頭を撫でてくれたの。その日食べたピーマンの肉詰めはたぶん世界一美味しかったと思う。

Categories: blog